交通事故の損害請求権

事故交通事故が起こった場合、加害者に対して損害賠償請求を行うのは基本的には被害者本人です。ただ、死亡事故に関しては、被害者は命を落としてしまっています。そのため、被害者自身が損害賠償請求をすることができません。それでは泣き寝入りするしかないのかといわれれば、そうではないのです。死亡事故の場合は被害者本人以外が損害賠償請求を行うことが認められており、請求可能なのは被害者の相続人というルールになっています

なぜ、被害者の相続人が交通事故の損害賠償請求を加害者に対して行うことができるのでしょうか?この点が気になったという方もいるでしょう。この理由ですが、被害者本人の損害賠償請求権を、相続人が受け継ぐ形になるためです。相続と聞くと預貯金をはじめ家や土地など肉眼で確認できる財産のみが相続人に受け継がれると思う方は多いでしょうが、実際には損害賠償請求権のような権利まで相続の対象として含まれているのです。誰が相続人になるのかは、民法で定められています。たとえば配偶者は常に相続人になりますし、子をもうけていれば配偶者と子が相続人として交通事故の損害賠償請求権を亡くなった被害者本人より引き継ぐ形となります。

なお、死亡事故の損害賠償請求といっても、何に対して請求できるのかがわからず、知りたいと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。この点についても解説させていただきますので、興味のある方はここで投稿する別の記事の内容もチェックしてみてください。