慰謝料はどうなる?

電卓慰謝料はどうなっているのか、死亡事故の場合の取り扱いが気になっているという方もいらっしゃるでしょう。物損事故の場合は原則として慰謝料が発生することはありませんが、人身事故で被害者が命を落としてしまった場合には、被害者本人の慰謝料と遺族の慰謝料の2種類の規定が存在します。加入が義務付けられている自賠責保険では、被害者本人の慰謝料は350万円、遺族の慰謝料は遺族慰謝料請求権者の数によって金額が異なります。請求者が1人のケースは550万円、2人のケースは650万円、3人以上のケースは750万円の受け取りとなり、被害者に被扶養者がいるケースではさらに200万円が上乗せされます。

この慰謝料の金額はいわゆる自賠責基準というもので、弁護士に依頼した場合には弁護士基準という、より高額な慰謝料請求を行える可能性が高いです。自賠責基準とは何倍も異なる金額を勝ち取れる見込みがあります。弁護士費用については保険に付いている弁護士費用特約を利用すれば保険の等級を下げず保険料を上げることなく、かかる費用をまかなうことが可能です。そうでなくても相談料や着手金が無料であったりと、費用負担を抑えて相談や依頼のハードルを低くしてくれている法律事務所は多いです。死亡事故が発生し、被害者として損害請求をする立場になったときにはぜひ頼りにしたいところです。

【参考サイト】弁護士法人アディーレ法律事務所